〈グランプリ作品〉

 

「異世界へ」 家本啓佑さん(島根県出雲市)

 

撮影場所:清水寺

 

 

 

 

撮影者コメント:神聖などこか異世界へとつながっているような雰囲気を納めました。

 

審査員コメント:圧倒的な色合いの美しさ。鳥居のシルエットと奥行き感。コマーシャル写真のような計算し尽くされた一枚でありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈準グランプリ作品〉

 

「匠の技」 渡辺正史さん(島根県松江市)

 

撮影場所:天野紺屋

 

 

 

 

撮影者コメント:伝統を引き継ぐ天野さんの匠の技に感動しながら夢中で撮影しました

 

審査員コメント:『ものづくりの街・安来』を体現する動きのある一枚であります。職人として滲みでる凄み、そして安来らしい優しさが重なる作品です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈準グランプリ作品〉

 

「視線をあびて」 赤坂俊一さん (島根県安来市)

 

撮影場所:安来市赤江町

 

 

 

撮影者コメント:毎年5月5日に行われる赤江八幡宮御田植神事。輪番で当たった地区は、田起こしや代掻きなどの田植準備をユーモラスに披露する。

 

審査員コメント:被写体の動き、色合い、構図、舞踊のダイナミックな息吹が伝わってきました。歴史ある安来らしさが表現されていると感じました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈審査員特別賞作品〉

 

「時代を受け継ぐ者」 伊東昌信さん(島根県松江市)

 

撮影場所:安来市広瀬町

 

 

 

 

撮影者コメント:安来市広瀬町に移住してきた夫婦。古き良き時代の文化を象徴するような、茅葺屋根の古民家を自身達の力で改修しているワンシーンを切り取った作品です。

 

審査員コメント:古民家の藁葺き屋根の葺き替え作業を家族3人、ここで生きていくという決意の中、細々と進めている情景を作家は古き良き時代に思いをはせ、温かい気持ちで記録された一枚のようです。構図も配色も適切です。

 

 

 

 

 

 

 

 

〈入賞作品〉

 

 

「どじょうすくい交流」 松井和博さん(鳥取県米子市)

 

撮影場所:安来駅

 

 

 

 

 

 

 

「月山富田城天守櫓再建之図?」 須田仁志さん(島根県出雲市)

 

撮影場所:広瀬中学校付近

 

 

 

 

 

 

 

「王陵の丘」 行長好友さん(島根県出雲市)

 

撮影場所:荒島町塩津山古墳

 

 

 

 

 

 

 

 

「笑顔咲く」     小笹陽子さん(鳥取県西伯郡大山町)

 

  撮影場所:安来市役所伯太庁舎

 

 

 

 

 

 

 

 

「通行人」 石原康博さん(島根県松江市)

 

撮影場所:安来市能義町

 

 

 

 

 

 

 

 

「安来の目覚め」 林利彦さん(島根県安来市)

 

撮影場所:安来市宇賀荘町

 

 

 

 

 

 

 

 

「軒下の冬景」    三好健夫さん(鳥取県米子市)

 

撮影場所:清水寺

 

 

 

 

 

 

 

 

「光の参道」 門脇玄一郎さん(島根県安来市)

 

撮影場所:清水寺

 

 

 

 

 

 

 

 

「雪の木戸川河口」 尾原敏さん(島根県安来市)

 

撮影場所:木戸川河口

 

 

 

 

 

 

 

 

「母の子」柳浦博さん(島根県松江市)

 

撮影場所:安来市広瀬町(飯梨川・河川敷)